腰痛症とはどんな病気なのかというと、原因がハッキリとしていない腰の骨や腰周辺の筋肉の痛みのことです。 腰が痛いからといって、レントゲンやMRIなどを撮ってみても原因が特定できないような腰の痛みを、一般的に腰痛症と呼んでいます。 つまり、ヘルニアや坐骨神経痛、内臓関係といった、腰痛の原因がハッキリとしている腰の痛みは腰痛症ではない、ということですね。 症状としては、ぎっくり腰のように腰に急激な痛みが襲うケースや、腰全体がだるくなるような痛みのケースまで様々あります。 急激な腰の痛みの場合でしたら「急性腰痛症」、ダラダラと腰の痛みが続くような場合でしたら「慢性腰痛症」と判断されるでしょう。 どちらにしても、骨や神経などに原因がなく、腰周辺が痛む症状が腰痛症なのです。 腰痛は、発症する頻度がとても高い症状で、誰でも一生に一度は経験すると言われているくらいメジャーな症状です。 もし、ハッキリとした原因がわからずに腰周辺の痛みが続くようでしたら、腰痛症を疑ってみた方がいいかもしれませんね。